売掛金(ウリカケキン)

スポンサーリンク


Pocket

売掛金とは

簿記会計用語で、商品や製品をツケで売買した時の債権をいいます。

商品や製品を納めていることから代金をもらう権利があるのですが、代金をまだもらっていない状況です。

会社を経営していくと、毎回商品を納めるたびに現金で回収するばかりではなく一定の期日で〆を行い、請求書を発行したりします。

この段階では取引先に請求書を送られた状態のため、相手からの入金は後日になります。

このツケのことを「売掛金」といいます。

 

 

あなたにおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 税務調査の連絡がきたときにどうすべきか?【個人事業主も法人もあり得る税務署からの電話】

    税務調査の連絡が多い時期になると税理士事務所には頻繁に税務署から連絡が入ります。税理士さんに頼んでい…
  2. アナタは大丈夫?~いまさら聞けない領収書の書き方~

    会社を経営する前に、領収書をもらう機会は少なかったはずです。 ただ、会社からは「領収書をもらっ…
  3. 節税で絶対にやってはいけない事は?【決算後の資金繰りを考える!】

    会社の節税では、経費を使うことが多いと思います。税理士さんに聞いても「モノを購入しましょう」という話…
  4. 消費税の確定申告でよくある間違いと注意点

    消費税の確定申告は個人の場合には3月31日、法人は決算日から2か月以内になります。この消費税の確定申…
  5. 前受金と仕掛品の関係は大丈夫?【税務調査の要チェック項目】

    決算や確定申告が近付くと在庫というものに注意をしなければなりません。在庫といっても商品だけではないの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る