アーカイブ:2018年 11月

  • 新事業年度の役員報酬の決め方【決算と同時に決めるべき事項】

    法人決算が終わると株主総会や社員総会を開きます。株主総会や社員総会で前事業年度決算内容の承認と次の株主総会や社員総会までの役員報酬を決めることになります。決算報告を受けて次の役員報酬をどのように決めるべきなのかを考えてお…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3月決算法人の税理士さんの選び方【コスト派か将来性か】

    3月決算法人の法人税・消費税申告は5月31日までです。ゴールデンウィークもあるので業務日数が短いため3月決算の税務申告は早めに取りかかることが重要なのです。今回は3月決算法人の税理士さんの選び方を見ていきましょう。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法人を個人事業に戻すときは税理士さんに相談しよう

    個人事業主から法人になることを法人成りといいますが、諸事情で法人を個人事業に戻すケースがあることをご存知でしょうか?こんなときは我流で個人戻りをするよりも税理士さんに相談した方が安全なのです。 (さらに&hell…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 誰も教えてくれない仮想通貨の確定申告とは【難しい理由とは】

    仮想通貨バブルといわれた平成29年でしたが、その余波は平成30年の確定申告にもあるので注意しましょう。国税庁も急ピッチで情報発信をしていましたが本格的に仮想通貨に関する情報が整ってきたのは最近です。 (さらに&h…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 決算が近くなってくると、「今期の税金はいくらだろう?」と不安になります。税金の心配とお金の心配をする…
  2. 弥生会計は市販会計ソフトの中で有名どころです。しかし、税理士さんはTKCやJDLなどの会計ソフトを勧…
  3. 法人を設立して会社を作ると税理士さんを選ぶことになってきます。法人を経営している人は税理士に依頼して…
  4. 節税というと税理士事務所がアドバイスをしてくれるものと思っていませんか?しかし、税理士事務所の節税ア…
  5. 配偶者控除が変わるという話が急に出てから1年です。平成30年の年末調整と平成31年3月の確定申告から…
ページ上部へ戻る