買掛金(カイカケキン)とは

スポンサーリンク


Pocket

買掛金(カイカケキン)とは

買掛金とは、商品や材料を仕入れた場合で代金をまだ支払っていない状況です。

現金で購入するばかりではなく、商品や材料を請求書支払いにすることがあります。

このように、商品や材料の納品が完了していて、代金を支払っていない状況の債務を買掛金といいます。

商品を売った方は売掛金・買ったほうが買掛金という関係になります。

あなたにおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. いまさら聞けない消費税とはどんな税金?

    消費税なんて知らない人はいないと思っていると痛い目をみるのが経営者にとっての消費税です。税金滞納に占…
  2. 自分でやる確定申告の失敗談④~消費税を知らないうちに脱税~

    確定申告を自分で簡単にできるという言葉を信じて自分で確定申告をしていたら知らないうちに消費税を脱税し…
  3. 法人が使うべき会計ソフトは?【クラウド会計はまだ早いのか】

    法人設立をして独立起業したり、個人事業を法人化する人が出てくる時期です。法人設立をすることで会計ソフ…
  4. 定款の変更が必要なケースと定款変更が不要なケースの違いは?

    株式会社や合同会社を設立する際には、「定款」というものを作成する必要があります。会社を運営していくう…
  5. 保険外交員のための青色申告とは【保険営業マンの確定申告の注意点】

    保険外交員の方の中には給与所得だけではない方が多くいらっしゃいます。一部報酬部分があるために、確定申…
ページ上部へ戻る