買掛金(カイカケキン)とは

スポンサーリンク


Pocket

買掛金(カイカケキン)とは

買掛金とは、商品や材料を仕入れた場合で代金をまだ支払っていない状況です。

現金で購入するばかりではなく、商品や材料を請求書支払いにすることがあります。

このように、商品や材料の納品が完了していて、代金を支払っていない状況の債務を買掛金といいます。

商品を売った方は売掛金・買ったほうが買掛金という関係になります。

あなたにおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 節税に強い税理士とは?【税金に詳しいだけではダメなんです】

    節税に強い税理士さんと付き合いたいと思っている法人や個人事業主も多いはず。ただし、節税に強い税理士と…
  2. 税理士いらずの確定申告のメリット・デメリットとは【経理レベルで特典が変わる】

    税理士いらずで確定申告ができればコスト節約につながります。ただし、確定申告の節税メリットはその人次第…
  3. 決算対策で交際費を使う場合の注意点【税務調査でも注目されるポイント】

    決算時期が近くなると節税対策を考えたくなりますが、いちばん手っ取り早いものとして「交際費を使う」個人…
  4. 銀行融資を置いておくとは?~使わない融資の意味~

    銀行融資を受けていると、返済完了するころに「融資を受けませんか?」という話をもらうことがあります。返…
  5. 今さら聞けない消費税がかかるもの

    消費税なんてわかっていると思っていると足元をすくわれます。個人事業主や法人経営者の方は税率だけではな…
ページ上部へ戻る