一番ダメな失敗!出店場所を間違った!~事前チェックポイント~

スポンサーリンク


Pocket

飲食店・小売業・理美容業・行政書士事務所・司法書士事務所・弁護士事務所・動物病院など様々な業種にとって出店場所は非常に重要になります。商売をはじめるにあたって長期的な競争力を維持できるかどうか失敗は許されない要素です。

一番ダメな失敗?!出店場所を間違った!~事前チェックポイント~

個人事業でも法人でもお店をだしている方がいらっしゃると思います。

店舗を構えるということは、非常に大きな投資をするということです。

賃貸物件であれば敷金・礼金・前家賃・仲介手数料など含めると半年~1年分程度の家賃相当のお金が必要になります。

特に、飲食店や歯科医、動物病院など内部造作をいじる範囲の大きい業種の場合には敷金が高額になることがあります。

商売を始める最初の大きな投資が店舗を出すということです。

しかも、店舗を出すということは顧客集客にとって非常に大きな効果をもたらします。

出店場所立地条件が良ければ、それだけで大きな競争力になりますし、店舗の立地選びに失敗するとその後の売上が伸び悩むことになります。

最寄りの駅からまっすぐのメインストリートは一見さんなどの集客がしやすく、大手のチェーン店などが出店しています。

これはメインストリート沿いは、保証金や坪単価賃料も高いためです。

メインストリートの横の通りや裏通りなどは、目的を持ったお客様を集客することに向いています。

お店がそこになることをしっかりと周知することが必要となるため、販売促進活動が重要になります。

これほど重要な店舗の立地選びですが、開業時には早く開業したくて店舗を決めてしまいがちです。

立地に関してはそう簡単に移動できないので、慎重に決定していきましょう。

失敗しない立地選びのポイントをしっかりとおさえて契約していきましょう。

ポートレート(レジ・店員)

立地で大事なポイント~アクセスが良いか悪いかのチェックポイント~

店舗の立地選びで大切なポイントは、自分のお店にとってアクセスが良いか悪いかです。

一等地にあるからといってどんな業種にとっても最高の立地とは限りません。

さらに、その会社にとって支払うことが可能な範囲の家賃で探す必要もあります。

会社の業種・予算に応じて最適な立地を考えるポイントを見ていきましょう。

① ターゲット顧客はどんな人か?

ターゲット顧客が年配の方であれば、車移動よりも駅前など交通の便のよい場所の方が好まれる可能性があります。

オフィス街であれば、駐車場がなくても立地的影響は借りられてきます。

営業で動き回っているサラリーマンをターゲットにするなら広い駐車場を確保できる店舗が有利になります。

② 地下鉄沿線か鉄道沿線か?

交通機関とのアクセスは不便よりも便利な方が有利になります。

交通機関といってもバス・地下鉄・鉄道など様々なものがあります。

交通機関でもバスよりも地下鉄・鉄道の方が利便性が良いため家賃が高くなります。

予算との関係によって、利便性と交通機関の組み合わせを検討しましょう。

③ 駐車場はどれくらい必要か?

飲食業や小売業の場合、ターゲット層によって1台当たりの駐車スペースの大きさや駐車場の広さが異なります。

お酒を提供する飲食店の場合には、駐車スペース自体が少なくても問題が無くなってきています。

逆に、パン屋・喫茶店・ケーキ店などは駐車スペースは非常に重要な要素になります。

駐車スペースを大きくとることで、家賃も高くなるだけではなく大きな駐車スペースがあるテナント自体がすくないため探すことが難しくなります。

生ビールで乾杯

自社にとって立地が良いかどうかのポイントは?

漠然と「立地が良い」という場合には、「集客力がある場所」です。

店舗を出すことは集客ができる場所が最高の立地といえます。

個人的に好きな場所だからというだけでは、その後の集客に掛かる広告宣伝費がかさんでしまいます。

販売促進活動をすることで集客ができればよいのですが、集客活動の効果が出る前に資金ショートで倒産ということにもなりかねません。

自分でできる立地調査①~行政サービスを活用~

市町村役場でその地域の人口データを手に入れることができます。

最近ではインターネットの普及もあり、行政サービスもインターネットでうけることもできます。

自分が出店を考えている地域の

・立地予定地域の区・条丁目の人口

・立地予定地区の世帯数

・立地予定地区の男女別人口

・立地予定地区の年齢別人口

・立地予定地区の出生・死亡・転入・転出などの人口動態

などを調べることができます。

自分でできる立地調査②~自分の五感を使う~

実地調査といわれるものです。

確率だけであれば、対象とする人口×予測率で集客数や売上を予測することができます。

これは机上の空論になってしまう可能性があり、お客様のニーズやウォンツを反映していません。

あくまでも、売る側の理論で売れるはずということを前提として作ってしまう見込みです。

字際に店舗を出店して商売を始めると、お客様のニーズを満たしていく必要があります。

統計的な数字ではなく、その出店予定先の潜在顧客が何に不満を感じていて、どういったニーズがあるかを感じ取りましょう。

人口がある場所でも、低所得者層が多い地域に高級レストランを出店してもニーズとは会いません。

しかし、統計数値だけを見ると人口数もあるわけです。

人間は一定の間隔で外食をすると考えてシュミレーションを組み立てていくと、そこそこの売上がでる見込みになってしまいます。

しかも、地域的に家賃も安いため出店費用も抑えられるとなってしまいます。

外食というニーズはあっても、価格帯が合わないことで事業内容の変更をするか移転するかの選択を迫られることになります。

自分でできる立地調査③~競合がない場所はどこか?~

自分と同じ業種なんて「石を投げれば必ず当たる」と思っていませんか?

事実、自分と同じ業種の看板ほど目に入るものはありません。

自分が載っている車と同じ車種ばかり走っているように感じるのと同じです。

実際に自分が出店しようと思う業種がない地域に目を向けてみてはいかがでしょうか?

白地を見つけることができれば、集客は格段に楽になります。

そもそもニーズがなくて、その地域に自分と同じ業種がないケースもありますが別のケースもあります。

ウォンツはあったのですが、提供されていたサービスの質や料金体系があわなくてニーズを満たしていなかったため撤退していたのかもしれません。

競合が見落としているブルーオーシャンを見つけることで、敵がいない状態で出店することができます。

 

まとめ

出店は立地が大切になります。

一般的に立地が良いといわれるところは、坪単価賃料が高額になります。

・最寄駅や交通機関とのアクセス

・自分でできる立地調査をしっかりと行いましょう

・出店費用とその後の資金繰りを含めて検討しましょう。

出店計画には多額の資金が必要になることと資金繰り計画作成が必要になります。

事前に税理士さんに相談してみてはいかがでしょうか?

あなたにおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 銀行がお金を貸したくなる決算書とは?【銀行融資のタイミングはいつがベストか】

    銀行融資を受けるタイミングは一がベストなのでしょう。個人事業であれば確定申告後・法人であれば法人決算…
  2. 伸びない飲食店の特徴~なってからでは遅い兆候を見逃さない~

    確定申告も終わって個人飲食店の人もほっと一息になっていると思います。法人で飲食店を経営している人は自…
  3. アフィリエイト(グーグルアドセンス・グーグルアドワーズ)の消費税は難しい【電気通信利用役務の提供(平成29年1月1日改正)】

    電気通信利用役務の提供というと聞いたこともない人も多いかもしれませんが、アフィリエイトを行っている方…
  4. ビジネスは文房具で楽しくなる【パレットジャーナルとは】

    事務や経理担当者だけではなく、個人事業主でも会社設立で株式会社や合同会社を創った経営者でも手帳は必須…
  5. コンサルタントと税理士頼むならどっち?【税理士さんもコンサル型】

    個人事業主の方や会社設立後間もない時期にコンサルタントという人に頼むか税理士さんに頼むかを悩むことが…

アーカイブ

ページ上部へ戻る